車を売る際の自賠責保険は返金ですか?

13901439830001

車を売却する時は、
自賠責保険の残存期間を確認しておきましょう。

自賠責保険とは、
車の所有者に対して加入が義務付けられている強制保険のことで、
下取りや売却時の残存期間に応じて、払い戻される仕組みになっています。

知りませんでしたか?

事例:軽自動車からプリウスへ

軽自動車からプリウスへ乗り換えた経験です。

商売が軌道にのり、稼ぐ金額がお大きくなってきたので、
軽自動車からプリウスへの乗り替えをしました。

軽自動車といっても、
10年以上経過していて、8万キロを超えているスズキのアルトです。

伝えたいことは、2つあります。

1、自賠責保険
自賠責保険の払い戻しなど、全く知らなかったのですが、
査定会社の人から、教えてもらいました。

「自賠責保険の残存期間が1年数ヶ月あるので、2万円の返金となります」
といわれ、初めてのその仕組を知ることとと、なりました。

2、一括査定
最初、プリウスを購入するディーラーで下取り額を算出してもらいました。

まぁ、古い軽自動車なので、
無料でも引き取ってくれればOKという気持ちでした。

やはり、プリウス購入の気持ち程度ということで、
軽自動車の下取り算出額は「5,000円」。

ところが、一括査定サイトで、
複数の会社に査定してもらうと、最高値の会社は「80,000円」です。

理由を聞くと、
中古軽自動車の販売が得意で、売るべき軽自動車を欲しいそうです。

なるほど!
だから、中古車査定会社のほうが、高値で買取してくれるんですね。

自賠責保険の還付って?

車検有りの中古車を買った時は
自賠責保険が既に加入されている状態になっています。

前の所有者、またはその車を
所有したことのある人が加入者になっていて、
任意保険と違い必ずしも現時点での所有者が加入者である必要はありません。

しかし、自賠責保険は中古車の場合だと
通常25ヶ月間で加入しています。

車を所有している限り、いずれ有効期間満了となります。

新たに加入し直さなければいけないんですね。
その時、車を所有している人が加入者となるわけです。

つまり、加入者は25ヶ月分の自賠責保険料を払うのですが、
途中で車を売ってしまった場合、残存期間が無駄になってしまいます。

そのため、次に車の所有者になる人=買取業者が、
その時点の所有者に残存期間分の保険料を払うということになるわけですね。

自賠責保険料っていくら?

sample_image01

自賠責保険は一般的に車検に合わせて加入するので、
実際に掛かっている料金を知らない人は多いのではないでしょうか。
車種や本土用、離島用と細かく分けられていますが、ここでは普通自動車の料金の一部を紹介します。

 37ヶ月…40,040
 36ヶ月…39,120

 25ヶ月…28,780
 24ヶ月…27,840

 12ヶ月…16,350
 1ヶ月…5,600

このような金額になります。

事例:払戻金額

自賠責保険証に、
加入日時と期間が記載されていますので、実際に確認してみてください。

払い戻す金額は、加入日時から売却日時を逆算して残存期間を算出します。

例えば
2014年4月に25ヶ月間加入していて、2015年5月に車を売却した場合です。

残存期間は12ヶ月ですので
27,840円が自賠責保険料が、支払った人の手元に戻ることになります。

自賠責保険料の取り扱いは必ず確認が必要!

000206process_photo1

前述してきた通り、
自賠責保険料は下取りや売却時に残存期間分だけ払い戻しされます。

しかし、買取業者の中によっては
査定額の中に含めて金額を提示してきたり、
うっかり忘れられてた
なんてこともありがちです。

損をしないように、必ず確認しましょう。

特に下取りの時は、キリの良い数字にするために金額を合わせたり、
査定額自体を端数合わせにすることが多いので注意が必要です。

なお、永久抹消や一時抹消登録をしない限り
自賠責保険料の還付手続きをする必要はありませんので、
差額分をそのまま受け取るか、または上乗せしてもらえば良いでしょう。

一括査定で査定額を比較してみよう

自賠責保険の取り扱いは買取業者によって様々なので、
一度比較してみてはいかがでしょうか。

ネットで一括査定依頼ができるので、すぐに比較することができます。

ある程度比較できたら、
査定会社へ電話やメールで直接聞いてみた方がより分かりやすいでしょう。

車を売る際にカーナビは査定額に影響する?

81ii9FjojaL._SL1500_

カーナビが装備されている車を売る時に、そのまま査定に出そうか、
取り外してカーナビだけ別で売ろうか迷いませんか?

ご存知でしたか?

カーナビだけに限りませんが、
車の装備には取り外して売ることができる物がたくさんあります。

車内装備だけ見てもエンジンスターター、ETC、イモビライザー、ルームモニターなどなど・・・
特に最新の装備は単体でも高く売れる場合があります。

では車を査定に出す時は、
カーナビを装備した状態にしておくべきでしょうか?

実は査定額の増減より、経済的に比較した方がお得なのです。

カーナビ装備は査定アップ要因!

カーナビは、装備されていた方が確実にプラス査定になります。

地図情報が古いカーナビだったり、あまり需要が無いカーナビが装備されていた場合、
そこまで査定額アップは望めませんが、取り外してしまうとマイナス査定になります。

車の付加価値が、一つ無くなってしまうからです。

次に買う車にカーナビが装備されている場合や
カーナビ自体が要らないならというなら、
そのまま売ってしまった方が間違いなくお得です。

新規カーナビ購入は不要

ただ、高価なカーナビを新しく購入するという事を考えれば、
今あるカーナビを取り外して、新しい車に付けた方が安上がりになると思えるでしょう。

しかし、カーナビやオーディオといった
車内装備の取り外しは業者に依頼するのが一般的ですが、
取り外しには数万円の作業工賃が発生します。

工賃って、意外と高いですよね。

新しく購入するカーナビの費用を考えると、高額な費用がかかってしまいます。

カーナビが無いことによる査定額のマイナス分が
購入費用より大きければ良いとは、思います。

どちらにせよ、
手間と時間を考えると経済的にもあまり現実的な選択ではないでしょう。

査定では純正カーナビを重視する

kurumahatena

純正品以外のカーナビは
中古車市場ではあまり重要視されない傾向にあります。

社外品というのは
様々なメーカーから売られていますが、その価値は買う人の主観によります。

自分では良いものと思っても、他の人から見たら要らないものかもしれません。

人によって大きく価値が異なるものは、
プラスになりづらいのです。

「有れば有ったで良いけど、無ければ無くても良い」
と考えられてしまうわけですね。

まとめ

11_px240

結論として言えば、かなり高価で最新のカーナビ以外は、
取り外さないでそのまま査定を受けた方が、手間も時間も掛からないので無難と言えます。

ただ、一括査定サイトで、カーナビの有無で価値が上がるのか下がるのか
買い取り業者に査定してもらっても損は無いでしょう。

手間も時間も掛けることなく
比較ができるのでとても便利です。

やはり、カーナビは無いよりも
あったほうがいいですよね。

軽自動車を高く売るたった一つの方法

678126l

軽自動車を高値で売却する、たった一つの方法。

それは、一括査定サイトを利用する事に尽きます。

例えば。
軽自動車に乗っているけど年式も古くて走行距離も多いから高く売れないだろう。

こんな風に、軽自動車を高く売却することを
あきらめている方も、いらっしゃることでしょう。

でも、待ってください。
なるべく高く売却したいですよね?

高値売却を諦める前に、
一括査定サイトを、ダメ元で利用してみてください。

最後の砦だと思って。

買取業者 vs ディーラー下取り

一昔前のディーラー下取りは、事故歴の有無と年式と走行距離だけを見ていました。

市場での人気はあまり考慮されず、
その車の状態だけを見て下取り価格を算出していたんですね。

大事なので、繰り返しますね。

人気は関係なく、
年式と距離とい「スペックだけ」をみて下取り額を算出していました。

ところが、
近年ではカーオークションが成熟してきていることにより、
ディーラーでもオークションでの落札価格を参考に
下取り価格を算出してくるようになりました。

つまり買取業者と同じ査定基準で、算出してくるようになったんですね。

しかし、肝心な部分が買取業者に及んでいません。

それは「査定をする人間のレベルが買取業者より低い」ことです。

もちろん全てに当てはまるわけではありませんが、
全体的なレベルとして比べると、買取業者に軍配が上がります。

★なぜでしょう?

理由は単純。

ディーラーは新車を販売することに力を入れていて、
買取業者は車を買い取ることに力を入れているからです。

買取業者が抱える査定士は、正しく査定のプロ、精鋭です。

数百に及ぶ確認項目を正確に査定してくるので、
適正な金額を算出できます。

担当者の経験の差、ここに理由があるのです。

軽自動車が値崩れしない理由

days_02

軽自動車は、新車市場でも中古車市場でも人気が高いので、
多少年式が古くてもなかなか値崩れしません。

人気の理由は、維持費です。

軽自動車は、普通車と比較して維持費が安く、
燃費も良いです。

そのため、軽自動車買取りに力を入れている業者も多く、
買取価格も比較的高い金額で推移しやすいのです。

特にムーブやワゴンR、アルトといった人気車種は、
昔から根強い人気を誇っており、年式が多少古かったり過走行であっても、
思った以上の高額で買い取ってもらえることもしばしば。

早々に諦めて、ディーラー下取りでいいや!
なんて思うことは無いのです。

でも、多くの方が手間なしの下取りを選択して、
買取額では損をしているのが実態です。

軽自動車を高く売るには

前述の通り、買取業者に査定してもらうことが得策です。
つまり、一括査定サイトを利用する。

一括査定サイトを利用して多くの買取業者に見てもらう事が、
軽自動車売却の秘訣と言えるでしょう。

このサイトから依頼すると、
最大10社の有名買取業者から同時に一括査定を受けられます。

なかなか時間が無い人や
とりあえず見積もりだけでも、という人におススメなのが一括査定サイトです。

専門家のコラムや
過去の膨大なデータから算出した相場情報なども見られるので、
車を売却するまでの知識を得たい人にも最適です。